HOME  >  建設・設計業者様向け  >  標準施工図

建設設計業者様向け

標準施工図(割付けと下地の間隔)

標準工法は、屋根(大波スレート)、壁(小波スレート)ともに長さ1820mmの製品で割付けします。

縦重ね範囲

縦重ね寸法

屋     根 150〜200mm
外     壁 90〜150mm
スペース スペース スペース

製品の長さと下地の本数

拡大図を見る
製品図1製品図2

注意屋根・壁ともに2420mmの製品を使用する場合は、必ず中母屋・中胴縁は2本必要です。

インデックス
標準工法標準施工図納まり図防火・耐火構造標準工事価格表

上矢印このページのトップへ